川崎町からのアクセス

川崎町の婚活結婚相談はスマイルモーメントへお任せください

スマイルモーメントは川崎町の独身者様に出逢い・恋愛・結婚・パートナー探しのサポートをさせていただいております。

川崎町からスマイルモーメント仙台支店へのアクセス方法

carお車でお越しの場合
川崎町より約27.1km(約38分)→スマイルモーメント

川崎町の概要

川崎町は仙台市の南、近郊でありながら、蔵王山麓に属する山岳丘陵地帯と河岸段丘の発達した山間盆地に区分できる自然豊かな地域である。 東部の約100mから西部の1,759m(蔵王刈田岳)に至る西高東低の地形。蔵王からの西北風(蔵王おろし)が本町を吹きぬけることから、風から住宅や農地を守る防風雪林がつくられ、これが本町独自の緑の景観となっている。 河川は名取川水系に属し、太郎川、北川、前川が釜房湖に流入している。明治22年の町村制公布により、前川村、今宿村、小野村、川内村、本砂金村の五ヵ村が合併して川崎村となり、更に昭和23年5月に町制を施行して川崎町となった。 また、昭和30年4月20日に富岡村の大字支倉区域と合併し川崎町としてスタートしたが、昭和35年3月14日に櫛挽、道海地区が村田町へ編入した。 約400ヘクタールに及ぶ水没面積を要した釜房ダムは昭和41年着手、45年3月完成。また、仙台・川崎・山形線の県道は昭和45年4月に昇格し国道286号となった。 その後、笹谷トンネル開通(昭和56年4月)と東北横断自動車(山形自動車道)村田J.C.T~山形県寒河江IC間が、平成3年度に開通。平成元年8月には国営みちのく杜の湖畔公園、平成2年12月にはみやぎ蔵王セントメリースキー場オープンと、今後の発展が期待されている。

川崎町の観光スポット

・国営みちのく杜の湖畔公園
・御釜
・青根温泉
・峩々温泉
・笹谷温泉
・セントメリースキー場
※写真提供:宮城県観光課

PAGE TOP