角田市からのアクセス

角田市の婚活結婚相談はスマイルモーメントへお任せください

スマイルモーメントは角田市の独身者様にパートナー探しのサポートをさせていただいております。
角田市内にお住まいの方にもご登録いただいており、カップルが誕生しております。

角田市からスマイルモーメント仙台支店へのアクセス方法


国道349号線から国道4号線を北上し青葉区方面へ→(約1時間7分)→スマイルモーメント


角田駅→(約14分)→槻木駅→(約27分)→仙台駅→スマイルモーメント

角田市の概要

宮城県南部、角田盆地の北半を占める市。1958年市制施行。阿武隈急行と国道113号、349号が通じる。すでに大化改新以前、伊具の国造が官府を佐久良に置いたといわれる。1598年伊達一門の石川昭光が角田の館主に封ぜられ、町づくりが本格化した。石川氏は阿武隈川の治水、利水に尽力し、角田本郷は阿武隈川の水運の中継地として繁栄、文化年間(1804~1818)には繭、生糸の集散市場が設けられた。明治維新後、一時期角田県として県庁が置かれたが、東北線の敷設に際しては養蚕に害ありとして反対し、白石経由とさせ、鉄道交通の点で大きく立ち後れた。しかし、市制施行後は阿武隈川の架橋が相次ぎ、1968年には国鉄丸森線が一部開通。主産業は農業で、肥沃な沖積土に恵まれ、稲作を中心に野菜、畜産、果樹、ハウスイチゴなど複合経営が進む。特産品にシイタケ、梅干しがある。工業の導入にも積極的で大型工場が進出し、海軍火薬廠跡地には宇宙航空研究開発機構角田宇宙センターがある。国史跡として梁瀬浦縄文遺跡、国の重要文化財として高蔵寺阿弥陀堂と阿弥陀如来像、江戸中期の農家旧佐藤家住宅がある。福応寺毘沙門堂奉納養蚕信仰絵馬は国指定重要有形民俗文化財。斗蔵山一帯のウラジロカシの原生林は北限地として学術参考林となっている。

角田市の観光スポット

・角田市スペースタワー・コスモハウス
・仙南シンケンファクトリー
・高蔵寺
・高魂神社(縁結び)
※写真提供:宮城県観光課

PAGE TOP